学級経営 「思考に気をつけなさい、それはいつか○○になるから。」

スポンサーリンク
学級運営
スポンサーリンク

今日のクラスへの話

去年のクラスに向けて話をした内容ではありますが、その言葉を再びちょっとした機会で見かけることがあり、記事に残しておこうと思いました。有名な言葉なので、知っている人も多いかと思いますが、こんな言葉です。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words;
Be careful of your words, for your words become your deeds;
Be careful of your deeds, for your deeds become your habits;
Be careful of your habits; for your habits become your character;
Be careful of your character, for your character becomes your destiny.

思考はいつか、言葉になる。言葉は、行動になる。行動は、習慣となり、習慣は性格になる。そして性格は運命になる。というものです。

4年生の帰りの会にて・・・

この言葉を取り上げたのは昨年担当したクラスである4年生に対してでした。4年生にもなると、だいぶ友人グループなども固定化されるようになってきています。そんな中で「自分の考えしか認めない」ということや、 「ゼロ百思考」というゼロか百かと極端に判断したり考えてしまう人が多くいました。

自分以外の多様性を認めることや、相手の考えに少し寄り添うことができると回避できるであろう喧嘩がよくありました。だからこそ、この言葉の根底にある「思考」に注目をしてほしいと思い話をしました。

みんなこんな言葉知っているかな?

初めて聞きました!

それじゃあちょっとこの言葉の意味をみんなで考えてみようよ。

思考は言葉になるんだって。みんな例えばさ、相手には伝えないでいようと思っていたこともとっさに口に出てしまったこととかないかな?

あ!あります!それで喧嘩になっちゃったこともあるし、本心で話ができてよかったって思ったこともあります。

うん、そうだよね。そして、最初はそのつもりはなかったのに、言葉に出していたら、いつの間にかにそんな行動をしてしまったことはあるかな?

それも確かにあります。自分にできるできるって言い聞かせていたら本当にできたことなんかもありました。

うん、それはプラシーボ効果なんて呼ばれ方もしているけれどね。言葉や思いは、それをそのとおりの形にしてしまうこともあるんだ。

そして行動をするということは、それがだんだんと回数が増えて慣れてくる習慣になるし、その習慣から性格になるんだって。

「性格」は「運命」になるって書いてあるよ。

うん、でももとを正すと、「思考」なんだよ。つまりね、そうは思っていなくても、例えば人に対して嫌だなと思ったり、自分の考えしか認めないような考え方をしていると、それは性格になって、周りからも疎まれるような運命になってしまうかもしれない。

ただ、逆にはじめに言ってくれたように「本音で話すことができた」とか「自分に言い聞かせていたら本当にできた」ということであったり、考え方を変えると、自分だけでなくて、周りの人から見た君たちの様子も変わってくるんだ。

そうすると、友だちの良いところもこれまで以上に見えるようになるし、もしかしたら自分の考えを更に友だちが発展させてくれるかもしれない。

もし、友だちとの関係でうまくいかないなと思ったときには、こんな言葉を思い出してくれるといいんじゃないかなと思うよ。

そうか~、思考に気をつけなさい・・・かぁ・・・

終わりに

今日は、クラスで話をした内容を取り上げてみました。

この言葉の本質は、自分自身の考え方と運命を結びつけているというよりも私は、他人と関わる上で大切なことなのではないかなと思っています。

自分の考え方、そして他人との接し方で最終的には、運命が変わってくるものなのではないかなと個人的には思っています。

それでは 本日の記事はここまでです。 それではいつものように、今回の記事が参考になったと思われた方、応援してくれる方は、励みになりますので、もしよろしければ下記のボタンのクリックや、facebookやtwitterでのリンクのシェアをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村

また、関連記事などもありますので見てもらえると大変嬉しいです。それではここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました